受付時間

交通事故治療の重要性

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 激しい首の痛みが続いているが、病院で異常なしと診断された
  • 事故後の手続きが煩雑で、気付いたら病院に行けず1週間経っていた
  • 薬を飲んでいるが、いっこうに回復しない
  • 湿布を貼っているが、痛みがとれない
  • 根本治療してくれる病院がどこにあるのかわからない

交通事故による怪我治療の2大要素とは!?|川口市 西田整骨院

交通事故という不測の事態を前にすると、多くの人はパニックになってしまいます。

警察、保険会社・・・と、事故に関する煩雑な手続きを終える頃には、心身ともに疲労困憊になっていることも。そこで、ふと自分の怪我のことを忘れ、病院にも行っていないことに気付く、などということも。

そこで、交通事故の怪我を治療するために、覚えておきたい2大要素を解説いたします。

要素1:1週間以内に医療機関で受診すること

基本的に、事故に遭ったらその日のうちに病院へ行くのがベストです。痛みのない無症状だとしても、身体の内部では出血を起こしている場合があるからです。治療の開始が早ければ早いほど、目に見えない怪我の発見ができるだけでなく、後遺症の予防にもなります。

また、自賠責保険のシステムの面から見ても、事故後1週間以内に治療を開始することが有利となります。なぜなら、自賠責保険の補償はシビアなところがあり、事故後1週間が経過すると、補償の適応外になってしまうことがあるからです。

さらに、事故後2週間経ってしまうと、痛みがあるのに「事故との因果関係が認められない」と、補償の支払いが却下されてしまう可能性も高くなります。

とにかく、事故後はすみやかに病院で診断を受けることが第一です。

要素2:対処療法ではなく根本治療を受けましょう

交通事故に関連する怪我で多いのがむちうち症(頸椎捻挫)です。一般的な病院の画像診断では異常が認められず、痛み止めや湿布といった対処療法で終わってしまうことがしばしばあります。そういった対処で、一時的に痛みが引いたとしても、痛みの原因となる根源はダメージを受けたままです。湿布を貼ったところで、根本的な治療にはなりません。

そのまま放置しておくと、身体の歪みは日が経つにつれて大きくなり、頭痛、めまい、耳鳴りといった自律神経に関連する症状があらわれはじめます。

交通事故によって歪んだ身体をしっかりと矯正し、根本から症状の解消するための治療が必要となります。

むちうちは初期対応がカギ!|川口市 西田整骨院

むちうちは、事故の衝撃で頚椎がダメージを負うことで発生します。ただ、頚椎の歪みは、胸椎、腰椎、尾椎へと連動しています。したがって、時間が経つと、症状の範囲が広がってくるという特徴があります。

歪みが腰椎まで進んでしまうと、椎間板ヘルニアや、坐骨神経痛を併発し、歩行や排尿にまで障害が及んでしまう恐れがあります。

そのような、重篤な症状に進展しないよう、ごく初期の段階で歪みを正す治療を受けることが最重要となります。

整骨院での治療でも保険が適応!|川口市 西田整骨院

整骨院で治療を受けると、全額自己負担しなければならないというイメージがあるかもしれません。しかし、事故の「被害者」であれば、当院で治療を受けても自賠責保険の補償が適用されます。さらに、任意保険、健康保険を活用して、自己負担をさらに少なくすることが可能なのです。

交通事故による怪我を、しっかり根治させたいという方は、ぜひ当院へご相談ください。

お問い合わせ

西田整骨院

アクセスマップ

受付時間

住所
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎1丁目8-24
アクセス
東浦和駅より蕨駅行き 又は 西川口駅行きのバスで約7分。
又は蕨駅より 東浦和駅行きのバスで約12分 「伊刈消防署」下車 徒歩約1分。
駐車場完備!

当院のイラストマップ